東南アジアの水牛から作られる黒水牛印鑑

黒水牛は、魅力的なブラックがインパクトをきかせている印材になります。黒の印鑑の王様とも言えるのではないでしょうか。ベトナムを主とした東南アジアの水牛からできていて、男性からも好まれており、手彫り作成でもコストは殆どかかりません。15~16.5ミリのサイズの手彫り実印が一番需要が高いでしょう。はんこを扱っているお店では、象牙の次に目にとまることでしょう。高級牛もみ皮印鑑ケースに収められたその様はブラックが高級感を漂わせ、贈り物としてもってこいではないでしょうか。オランダ水牛と同様、乾燥や紫外線に向いていないという欠点があり、保管の仕方としては日光の当たらない温度や湿度の変化のない所が良いでしょう。エアコンや乾燥しやすい冬場などは、特に意識されてみて下さい。オリーブオイルなどでメンテナンスをすることで、乾燥には強くなるでしょう。

オランダ水牛と似ている黒水牛印鑑

黒水牛と言いますと、本体のブラックが印象深い印材でしょう。黒の印鑑の代表とも言えます。ベトナムをメインとして東南アジアの水牛からできていて、男性からも深く愛され、手彫り作成にあたってもそれ程値段はかからず、15~16.5ミリのサイズの手彫り実印が一般的に広く使われています。はんこ屋さんに並んでいるものを見ても、象牙と並んでよく目にすることでしょう。高級牛もみ皮印鑑ケースに入った本体のブラックは、高価なものに感じられ、贈り物としても役立つでしょう。オランダ水牛と似ている部分は、乾燥や紫外線には弱い部分があります。保管の仕方としては、太陽光のいかない所、そして温度や湿度変化の著しくない所がベストです。エアコンや乾燥しやすい冬などは気をつけて下さい。時間を見てオリーブオイルなどでケアをすることにより、乾燥に強くなり長く使えることでしょう。

黒水牛印鑑の扱いは重要です

黒水牛というと、美しいブラックのボディが際立つ印材です。黒の印鑑の代表と言っても過言ではありません。ベトナム初め東南アジアの水牛からでき、男性もよく愛用しています。手彫りで作ってもお金はそこまでかかることなく、15~16.5ミリサイズの手彫り実印が幅広く使用されています。はんこ屋さんに足を運んでも、象牙と並んでよく見かけるでしょう。高級牛もみ皮印鑑ケースに入った様子はまるで高級品のようで、贈り物としても非常に効果を発揮してくれます。オランダ水牛と並び、乾燥や紫外線にデリケートという弱点があります。ですから、日が当たらない場所や、温度や湿度が一定に近い場所で保管して下さい。エアコン使う際や冬場などには気をつけていきましょう。乾燥に強くするために、たまにはオリーブオイルを活用して軽く拭いてあげることがコツです。

当サイトでは水晶などを使用した宝石印鑑や本象牙を使用した印鑑など色々な商品を扱っているため、商品に応じての料金も様々です。 一生使うものだからこそ大切にしたい、想いを込めて作りたい印鑑を最高の技術と、最高の使い心地でご提供いたします。 スピード納期・校正オプションもお選びいただけます! 40%OFFになる特別料金をご用意しています。 宝石印フェアがあります。 印鑑で黒水牛をお探しの方に!

Comments are closed